読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダウンロード商品ベストコンテンツ

ダウンロード商品のベストコンテンツを紹介します

東京地理実務教材ー完全版

その他

東京地理実務教材ー完全版


実際に走る運行経路をシュミレーション!!
これでスイスイ23区全ての駅へ。
超簡単スピードマスター!!
たった2~3か月での圧倒的早期習得可能。
まさに魔法のノウハウともいえる画期的学習法。




何故運行経路をシュミレーションする学習がいいのか?
東京地理習得を困難にする3つの要因とは?


①タクシーの運行経路とは、距離が全てではありません。

お客様のニーズに的確に対応したものでなければなりません。

到着時間優先なのか、料金優先なのか、お客さまにはニーズがあり、

それは、一概にはいえません。サービスする側が、それを理解する

姿勢が重要です。全てのサービス業に全般的に言える事ですが。

東京の地理は、決して整然としたものではありません。

道の形状は、グニャグニャと曲がりくねっていたり、複雑な分岐や

合流があるなど、複雑なものです。都内の道を走るという事は、

単に道を覚えるだけではダメです。道の形状をも把握しなければなりません。

何故なら、それにより、適切な道の「繋ぎ方」を知ることになるからです。

これを知らないと、大迂回経路になってしまう事があります。

タクシーの運行経路とは、「行けばいい、着けばいい」ではありません。

無駄のない適切な経路でなければなりません。この「繋ぎ方」を覚える為には、

正確な地理感覚は勿論、道の終始を視覚的なイメージで把握できなければ

なりません。この為には、12000分の1の地図(タクシーセンターの地図)

では不十分です。断片的な地図を繋ぎ合わせるだけでは全体像はつかめません。

45000分の1の地図が必用になります。しかし、新人さんがいきなりこれ

を見ると恐らく圧倒されてしまいます。東京地理の複雑さに目を奪われ、

習得の意欲すら失ってしまうかもしれません。道を覚えるって一筋縄には

いきません。

②東京には、都内特有とも言える複雑で厳しい交通ルールがあります。

右折禁止や路地への進入に対する時間規制などがそれです。

右折禁止にも多くの場合、時間規制が伴います。なので、5差路の交差点の場合、

かなりややこしくなります。赤羽橋、飯田橋はその代名詞といっていいでしょう。

勿論、その他にも複雑な交差点はいくつもあります。例えば浅草橋です。

これもややこしいです。まさに新人さん泣かせ。行った先で予期せぬ「右折禁止」

を目の当たりにした時の焦りを想像してみて下さい。

路地への進入も同様です。「じゃあ、どう迂回すればいいの??」

「・・・・・どうしよう!?」

はい、こうなると地獄です。違反すればすぐに警官が追いかけてきます!!

「違反=減点」。=罰金。×3=免停。免停を繰り返せば持ち点が減ります。

最終的には2点で免停。こうならないよう、タクシードライバーにはリスクに

対する自衛策が絶対に必要です。このような交通ルールの習得も含めて地理習得

を成し得たと初めて言えるんです。東京地理習得のハードルは決して低くありません。

➂都内の圧倒的な交通量は、走り慣れていない方にとっては対応しがたいものでしょう。

例えば、特に車線変更は難しいです。適切なタイミングでスムーズに移動できなければ

なりません。この「タイミング」は、まさに寸分たがわぬレベルでなければなりません。

少々大袈裟かもしれませんが、本当にこのくらい注意深くなるべきです。

文字通りの意味でこれが求められる事が実際ありますので。

これを「圧倒的な交通量」の中で適格に実行するには、それなりの走り慣れた

経験が必用です。これに対応できないと事故に繋がります。特にバイクが危険。

後ろの死角から急に飛び出してきます。この「走り慣れた経験」を身に着ける為

には「走れるという自信」が必用です。不安と緊張の中では身に付きません。

しかし、自信には根拠がなければなりません。それが予備知識です。地理的な事

以外にも、時間帯における交通量も把握できていなければ都内の道は走れません。

東京地理習得には、これもまた含まれるということです。


東京地理習得には以上の3つのハードルがあります。

ただ道を覚えればいいのではありません。適切な運行経路とは、これらの

条件をクリアした、その時々の状況に応じた、そして、お客様のニーズに

対応したものでなければなりません。これもまたややこしいですね。

これらを同時に習得する学習方法が実務経路のシュミレーションなんです。

まさに一石三鳥の合理的学習法!!そして、その上でお客様に教わって下さい。

学ぶ機会を2度得られる事で、さらに早期習得に繋がります。





東京の道は何故難しいか??どう攻略するか??



はい、答えは簡単。学び方を知らないからです。

見た目の印象に圧倒されてるからです。

無意味な固定観念に支配されているからです。

タクシー運転手は道を知ってるからタクシー運転手

なんです。前向きに向き合いましょう。

適切な学び方さえ知れば大丈夫。誰でもムリなく習得可能。



どうやって覚えればいいの!?



はい、これも単純明解。東京地理の構成には

明確な理論があります。これに従えばいいんです。

逆らうから難しくなるんです。無駄な抵抗はやめましょう。

ドツボにはまるだけです。

具体的にいいます。「真ん中から覚える」んです。

これが構成原理に従う事です。

この意味がお分かりですか??

これをご覧の皆様は恐らく地理試験の受験か、その対策の

為の勉強くらいは経験されているはずです。

それはさておき、東京地理の学習には、まずこれだけは

知らなければならないという大前提があります。

はい、言うまでもありませんが、

「東京地理は皇居を中心に幾層もの道がそれを囲み、

皇居から放射状に道が広がる構造」という非常に一般的な

お決まりの1フレーズがありますね。

はい、これです。これを適当に聞き流すか、掘り下げるかが、

明暗の分かれ道なんです。これを深く理解できれば簡単に

習得可能、理解できなければ迷路に迷い込むんです。

大前提である原理原則を無視して一体何ができるのでしょうか?

言うまでもありません。

無意味な勉強ならしない方がマシです。2~3年も営業してれば

道はイヤでも覚えるものです。

それもいいでしょう。しかし、地理不案内は非常に危険ですが。

これも言うまでもありません。

では、具体的なお話しをしましょう。

複雑な東京地理をどう理解し、吸収するか?

これには本来、東京地理への深い理解が必用ですが、

それによるとっておきのノウハウをここで公開します。

それにより、誰でも簡単にムリなく習得可能。



では、その「魔法のノウハウ」とは?

はい、これもまた単純明解。

複雑なものを複雑なまま覚えられるわけがありません。

複雑なものは要約して単純化する必要があります。

はい、魔法とは複雑な東京地理をシンプルに要約することです。

これを可能にするのが「構成原理」です。

「中心からはどこへでも行けて、中心へはどこからでも行ける」

これが東京地理の構成原理です。という事は、

中心の主要な道さえ把握できれば23区全てに簡単に繋がるんです。

だから「従う」んです。逆らってはいけません。

だから「真ん中から覚える」んです。

では具体的にどのような過程で学ぶかについて説明します。

①地理構成の原理を理解する為、できれば45000分の1の地図

を買う。それを壁に貼って以下の11本の道をマジックで辿る。

内堀通り外堀通り外苑東通り外苑西通り明治通り不忍通り

中央通り(第一京浜)、山手通り、中野通、環七、環八の11本です

特に内堀~中央まではしっかり見て下さい。また、内堀外堀、

外苑西東はしっかり把握しましょう。

②11本の内、明治、不忍、中央を山手線沿線エリアの範囲内に

限定して、その概要を把握する。山手線は環状線であり、

そのサークルを構成するのが以上の3本。つまり、

この3本さえ覚えれば山手線29駅全てに繋がるという事。

そして、内堀外堀、外苑西東を含む

7本は、都心部の要を構成する道。この7本を覚える事が、

「複雑な東京地理を要約」する事です。これがスタート地点。

ここから全てが始まります。全てに繋がります。

➂山手線沿線エリアは東京地理の要。この習熟なしには東京地理は

語れません。任意で山手線29駅の内、5~6駅を選び学んで頂きます。

どの駅でも構いません。ご自身のご希望の営業エリアを選定し、

その前後2駅を選んで下さい。当教材はこのエリアを非常に重視します。

徹底的に学びます。29駅それぞれを起点としたその他全ての28駅へ行く

全ての運行経路を、詳細に

説明します。選択された範囲内の5駅~6駅を学んで頂ければ

山手エリア内では全ての交通機関の駅に簡単に行くことができる

ばかりか、主要な道、交差点であればほぼ覚えられます。そして、

山手エリア外の地理習得も一跨ぎ。これが「構成原理」が意味する

ことなんです。「一つは全てに、全ては一つに」繋がる。

これが東京地理の成り立ちなんです。

だから真ん中から覚えるんです。これが鉄則です!!

もし、営業エリアの選定に迷われているのであれば、

新人さんにとってのベストプランを提案します。

五反田、目黒、恵比寿、渋谷、原宿を学んで下さい。そして、

できれば新宿も加えると尚いいでしょう。

④新人さんにとって最良の営業場所は港区です。

これは、あくまで一般論です。何故かというと、港区は

客層、客単価、1日を通した乗車率と、どれをとっても

申し分のない場所であり、そして、何より新人さんにとって

最も好意的だからです。つまり、親切丁寧に道案内してくれます。

紳士なお客様相手の商売の方が、新人さんには向いています。

新宿や渋谷でこれは期待しない方がいいでしょう。

一概にはいえませんが。この港区に最も簡単にアクセスできる

山手線の駅が上記の5駅なんです。

これが5駅をお勧めする理由です。この5駅を学び、港区の地理を

覚えれば、この範囲内全てで対応可能。つまり、範囲内からなら、

23区全ての駅へ簡単に行けるようになります。

但し、港区といっても全てはムリです。新橋や浜松町など

都心のど真ん中エリアでの営業は、新人さんには無理です。

何故なら、このようなエリアではお客様が求めるサービスの

レベルが、とてもじゃないですが新人さんには厳しいものだからです。

例えばビルの名前で行き先を指定してくるんです。

道さえ知ってればいいというレベルではありません。

なので、新人さんにとって最良の営業場所は六本木エリアでしょう。

というとこで、ここからは六本木から23区全ての駅へ行く経路を

実務的経路で詳細に説明します。

山手編での学習さえ身に付いていれば、ここでの学習は非常に簡単。

ほんの一跨ぎで楽々クリアできます。

何故なら、東京地理の構成原理の通り、中心からは全てに繋がり、

港区はまさに中心だからです。

「一つは全てに、全ては一つに繋がる」。これが東京地理の構成原理

です。この繋がりを活かした学習こそが、構成原理に従う事であり、

最も効率的な学習なんです。これを実務的経路で学ぶんです。

これ以上理想的な学習が他にあるでしょうか?

いいえ、あり得ません。絶対にです!!

これに異論のある方は絶対にいません。断言します。

少しでも東京地理を御存知の方なら。


道を覚えるって?

そもそも、道を覚えるってどういうことでしょう?

これについて明確にお答えできる方なら当教材は不要。

しかし、疑問をお持ちの方、「何をバカな事を・・・」

とお思いなら、是非参考にして頂きたいと思います。

道とは道そのものを覚えるのではありません。

道の繋ぎ方、使い方を覚えるんです。ここを勘違いしては

永遠に地理習得はできないでしょう。そして、

知識とは、使い方を知ってこそ知識なんです。

使い方を知らない知識は、ただの雑学、浅知恵でしかありません。

地理の学習とは、道の使い方を覚えるものです。

プロの運行では、使いこなせない道は走るべきではありません。

知ってる道しか走れません。行き当たりばったりの運行は、プロの

仕事とは言えません。プロとして学ぶべき「道」とは、実際に使用

できる「運行経路」でなければ意味がありません。

そして、「覚える」とは、「使う」事で覚えるんです。

使えない知識などすぐに忘れます。無意味な雑学を学ぶ学習など

今すぐやめるべきです。時間の無駄です。地理試験で覚えた知識を

いつまで維持できますか?一瞬で忘れてしまうでしょう?




最初の1年が全てを決める!!



この期間内にどれだけの知識

を身に着けるかが今後の

明暗を分ける!!

お客様の道案内で運賃が貰えるのは最初の1年だけ。

それ以降はプロの仕事が求められます。

人間は、いつまでも謙虚さを維持できないものです。いつまでも

這いつくばったみたいに頭下げてヘイヘイできますか?

いいえ、できません。絶対にです!!

プロとしての自信と責任とプライドが身に付いていなければ

1年後からは相当厳しい営業になるでしょう。

寂しい駅着けでしか稼げないその日暮らしのタクシー運転手に

なりたいですか??こうなったら地獄です。

それがイヤなら学ぶしかありません。タクシーは学ぶ仕事です。

では、タクシー運転手にとって「プロ」とは何でしょうか?

その条件をいくつか挙げましょう。

①よく学ぶこと。努力を惜しまない事。

リスク管理ができる事。その対策に前向きである事。

地理不案内は事故違反、クレームに直結します。

➂地理に詳しい事。タクシーというサービスの根幹は

地理の知識。これがありきでプロのサービスを全うできるというもの。

道を知らない稼げるドライバーを目指すべきではありません。

プロとしての自信やプライドも知識あってこそ。根拠なき自信は

ただの思い上がりでしかありません。

④理性的、合理的である事。これが堅実という事。これは何事にも

共通です。つまり、「成るべくして成る、勝つべくして勝つ」

姿勢がなければなりません。運行経路に無駄があっていいですか?

行き当たりばったりの運行ではプロではありません。

実際の運行経路に限らず、プロになる為の道のりにも

無駄があってはいけません。

①~④を全て満たす為には??

何が必用ですか??

よく学ぶ事、リスクを回避する事、合理的手段を求める事。

これら全てを満たす自主的手段とは?

非常に疑問ですが、もしあるなら、それもいいでしょう。

決して否定はしません。

圧倒的努力で乗り越える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、

ここにこの上なく堅実で有意義な選択がある事を

見逃すべきではありません。最後までご覧頂き有難うございました。

東京地理実務教材ー完全版